お恥ずかしい乍ら

yoneです🙇‍♀️

15〜17日までこの町の芸術祭に参加の書を2日前急いで額装してもらった。


今年は何かと忙しいので、参加はしたくなかったが、何度も参加依頼の電話が入り、根負けして、師匠と相談して、今大河ドラマの「西郷どん」から西郷さんのお言葉を引用した物を書きました。


私は太筆でどっしりした書が好きだが、師匠は繊細でたおやかな書を私に勧める。


数年前富士山が世界文化遺産になった記念に、太筆で「富嶽」を書きました。

すると息子が家を建てて間も無くで、「これを額装して貰いたい」と。


母親の書で良ければ喜んでと。


するとお嫁ちゃんの友人が、ヨーロッパ風のレストランを開いていて「この富嶽よりもう少し大きな書を注文したい」と友のお願いだがと言って来た。


ヨーロッパ風のお店に⁉️ と言うとそれが良いんだとお店の友が言ったと。


自信は無かったが、二本筆で一応書いてみた。

一月係りで60枚書いた中から、選んで貰って額も特注で完成。


で、レストランのメインの壁に掛けると、なるほどなるほど。


で、お代金10万円差し出された「ウソでしょ」お金は要らない、私も初挑戦だったからと、丁重にお断り。


でも毎年暮れにはヨーロッパのワインを届けてくださる。


又何か良い作品が出来たら掛け替えて上げたい。


昨日無事芸術祭はオープン。

作品展示のお手伝いコーデ、下は紺のパンツ。