親の介護、夫の介護

yoneです🙇‍♀️

リゾートホテルでの私達の会話。

その友の一人が「考えるだけでも暗くなる」と言う。


友は年が明けると73歳、旦那さんは80歳。

旦那さんは11月に息子さんの薦めで車の免許返納したと言う。


それに伴い、高齢者特有の我が儘が見え隠れすると言う。


友は常に母、父、娘、息子を頼りにしていた人で、今ではご両親も亡くなり、娘や息子はそれぞれ独立。


さて、これから高齢の夫と向き合う日々が訪れる。

勿論いざとなれば子供達はヘルプの手は差し伸べるでしょうが。


今から「夫が亡くなれば実家の東京へ帰るわ」と。

実家と言っても弟さん家族が住んでいて、帰れるわけはない。


今度は弟妹に頼るのかァ。


話を聞けば、とても老化が進み行く旦那さんを支えられないと見た。


何れ旦那さんは施設ライフになるだろうが、その時お家で一人ぼっち、私はその方が友はもっと辛いと思う。


私は母がいよいよとなったら、「お仕事辞めて世話する」と家族に言って、やる気満々だった。

しかし、世話をする間も無く、病院で一週間で亡くなった。


いつか母に役立てると思い、ヘルパーや、介護福祉士の資格も取って、母には私が学んだ事を最大に役立てたいと思っていたが。


皮肉な物で、やる気満々の私は世話出来なくて、嫌だと言う人は悩むとはね。

人の運なんて、特に寿命は分からない。

不安を訴える友がする事、自分の健康を第一に考えてもらいたい。

自分が健康なら明日も明るく暮らせると思います。


しかし、身を以て思うのは、私も健康診断の度、要検査が増えています。

これが現実ですよね。

柿の葉、自然のドット。