丁寧な暮らしを目指して

yoneです🙇‍♀️

昨年暮れに書道での難関な試験に受かり、仲間さんや、友人知人から「おめでとう」の言葉をかけて頂いた。


そんな言葉は何十年振りだろうか。


耳馴染みの無い言葉だから、他人様ごとの様に聞こえていた。

今頃じんわりと嬉しさが・・・😢


師匠の教室へ習いに来られている40代後半のイケメン僧侶と話しをする中で「私、この試験はかなり辛かった、お仕事をやりながらだったからね」と言うと。


「お仕事もやり、家の事もやり、時間がままならなかったからこそ、真剣に向き合えた結果ですよ」と。


「書道が趣味で、時間たっぷりだったら、何処まで行ってもただの趣味で、それ以上の志は薄いでしょ」とも。

なるほど、流石お坊様のお言葉。


2月、息子世代のお坊様と71歳の生徒さんとで、東京国立博物館へ、今丁度学んでいる書の本物を拝見に行きましょと。

正月野菜の残り物を天日干し、甘くなりますよ。